看護師の免許

看護師の職業に就く場合

看護師の職業に就く場合は、免許が必要になります。 この免許を取得するためには、試験を受ける必要があるのですが、試験を受ける為には看護学校などの養成施設などの卒業が必要とされます。 看護学校などの養成施設では、必要とされる知識や技術を学ぶ事が出来る学校です。 学校を卒業すると、国家試験を受験する事になります。

そして、この国家試験に合格する事で免許を収得する事が可能になり、晴れて看護師として職務に就くことが出来るようになるのです。 所で、看護師には正看護師と準看護師という2つの資格が有ります。 2つの大きな違いと言うのは、交付される免許の種類や交付者の違いに有ります。 正看護師は、養成施設で勉強をして国家試験を受けます。



そして、その試験に合格する事で資格を得る事が可能です。 一方、准看護師の場合は、養成所か看護高等学校を卒業した後に、都道府県知事の試験に合格する事で資格を得る事が出来ます。 仕事の内容というものは、基本的な部分は同じですが、准看護師は看護師の指示を受けて仕事をすると言う特徴が有ります。

尚、医師や看護師などの指示を受け、患者さんに対する療養上の世話を行う事や、診療の補助を行う事が目的で、看護師は国家試験による資格であるのに対し、准看護師は都道府県知事による資格と言う違いがあるのです。 尚、将来的には都道府県知事による資格は廃止されると言われており、1つの資格に統一される可能性が高くなっていると言います。